教育翻訳: 学習分野における言語の壁を埋める

教育翻訳: ConveyThis により、学習分野における言語の壁を越え、すべての学生が教育コンテンツにアクセスできるようにします。
このデモを伝える
このデモを伝える
ConveyThis

ConveyThis を当社の Web サイトに統合したことで、当社のビジネスは大きく変わりました。ConveyThis により、はるかに幅広いユーザーにリーチできるようになり、世界中の人々が当社のコンテンツにアクセスできるようになりました。

教育機関における文化の多様性が最も重要であることは、どれだけ強調してもしすぎることはありません。背景と見通しのコントラストが教育体験を活気づけ、学習者の成長に大きく貢献します。このため、学生プロフィールの多様性が教育機関の優秀性を決定する上で重要な役割を果たします。

さらに、ロックダウンによって引き起こされたライフスタイルの劇的な変化により、デジタルプラットフォームへの依存度が高まり、教育に対するより包括的なアプローチが可能になりました。利用可能なさまざまな e ラーニング オプションのおかげで、オンサイトで授業に参加するためのリソースがなかった学生も、より柔軟かつ自由に学習できるようになりました。

多様性とアクセシビリティを最大限に高めるために、教育機関はウェブサイトがさまざまな文化的および言語的背景を持つ学生に対応できるようにする必要があります。教育 Web サイトは 2 つの言語に堪能ではない学生やその家族によって参照されることが多いため、これらの Web サイトが適切な情報をわかりやすい方法で提供できることが不可欠です。

多言語教育ウェブサイトは、教員、学生、関係者にとって不可欠な資産であることは間違いありません。学術分野で競争力を維持するためには、ConveyThis による翻訳を教育機関の優先事項にする必要があります。

この記事では、翻訳の旅を始める際に役立つよう、ConveyThis 翻訳に関する主な動機、利点、懸念事項について説明します。

教育翻訳が私たちの社会にとってそれほど重要なのはなぜでしょうか?

アクセシビリティと包括性

世界中のあらゆる場所からの学習者を引き付けるために、教育機関はウェブサイトがすべての訪問者向けに最適化されていることを確認する必要があります。主にネイティブの学生をターゲットとする教育機関にとっても、国内の文化的多様性の重要性は強調しすぎることはありません。ConveyThis の力を活用することで、教育機関はウェブサイトがすべての学生向けに適切にローカライズされていることを簡単に確認できます。

米国の公立学校の推定 490 万人の子供たちが EEL の生徒であり、これは彼らが母国語である英語 (ほとんどの場合スペイン語) とは異なる言語でコミュニケーションを取り、制限された英語能力しか持たない英語学習者であることを意味します。これに対応して、多くの学生が家庭内で学術言語以外の言語で会話しています。

学生が言語に堪能であっても、教育専門用語を理解するのに苦労し、混乱や遅れにつながる可能性があることを認識することが重要です。 Web サイトで多言語コンテンツを提供することで、組織は知識や教育の見通しへの同等のアクセスを保証できます。

国際的な知名度と認知度

多言語でのオンライン プレゼンスは、教育機関のグローバルなリーチを拡大する最も効果的な方法です。教育機関の Web サイトが外国の出版物、政府、または研究を行っている学者にアクセスできるようにするには、ConveyThis が Web サイトを国際ランキング向けに最適化する最適なソリューションです。

多言語表現により、教育機関はさまざまな出版物やメディア チャネルで紹介される機会が得られ、国際的な視聴者への認知度が高まります。これにより、学生、教育者、学術パートナー間のより有意義な交流が促進されます。

文化的多様性の促進

社会が多様化するにつれて、コミュニケーション、学習、仕事のやり方も変化しています。教育活動の中でさまざまな文化に触れた学生は、キャリアで成功する準備がより整います。ConveyThis により、こうした変化を理解して適応することが容易になり、文化の隔たりを埋め、よりつながりのある世界を構築できるようになりました。

このため、学生や教育機関は文化の多様性を強く求めていますが、それを実現するのは往々にして困難です。幸いなことに、ウェブサイトの翻訳は効果的なアプローチであり、教育機関が対象国からの訪問者を誘致し、学生構成を多様化するのに役立ちます。ConveyThis は、ウェブサイトのシームレスで正確な翻訳を可能にするため、この目標を達成するための貴重なツールです。

ConveyThis のウェブサイトで、留学生の母国語が選択肢として表示されると、留学生とのつながりがすぐに生まれ、留学生を歓迎していることが伝わります。要件や条件などの重要な情報を簡単に理解できるため、申請プロセスがさらに簡素化され、将来の学生にとってより魅力的になります。

学生のエンゲージメントを向上させる

学生は、学業から課外活動まで、教育ウェブサイトを定期的に利用しています。特に教育制度は国によって異なるため、留学生は慣れない手順に圧倒されるかもしれません。ConveyThis は、教育ウェブサイトを翻訳するための包括的でユーザーフレンドリーなソリューションを提供することで、このギャップを埋めるお手伝いをします。

ConveyThis を使用して教育ウェブサイトを翻訳すると、すべての学生が学術活動を理解し、より積極的に参加する意欲を高めるための可能性の世界が広がります。これにより、留学生も教育経験と教育資料を最大限に活用できるようになります。

教育ウェブサイトを翻訳するにはどうすればよいですか?

学術翻訳および通訳サービス

教育機関が Web サイトをローカライズする必要があることは明らかですが、最適な答えは何でしょうか? 最初に思い浮かぶアプローチの 1 つは、ConveyThis の教育翻訳サービスまたは学術通訳サービスを提供する翻訳の専門家と協力することです。

これは、教育提供の中核に多言語を使用しており、卒業証書、ハンドブック、その他の教育資料の翻訳など、さらなる学術翻訳サービスを必要とする教育機関にとっては良い選択肢となる可能性があります。しかし、ほとんどの教育機関は、多額の費用、長期にわたる遅延、面倒な維持を伴う大規模な翻訳サービスを必要としません。

機械翻訳エンジン

より安価で高速な代替手段は、Google 翻訳や DeepL などの機械翻訳エンジンです。ただし、これらのツールを Web サイトに手動で接続し、翻訳を表示し、その他の技術要件を実装することは、時間と労力のかかる作業になる可能性があります。そのためには、多くの教育機関の従業員に欠けている技術的なノウハウが必要になります。

さらに、機械翻訳エンジンは、ConveyThis 言語サービスのように、常に正確な翻訳を提供するというわけではありません。誤った翻訳によって誤解が生じると、教育機関の評判や信頼性に重大な影響を与える可能性があります。

ウェブサイト翻訳ソリューション

これら 2 つのアプローチの利点を増幅し、欠点を軽減するハイブリッド ソリューションがあったらどうでしょうか。ここで ConveyThis が登場し、多額の費用や長い待ち時間をかけずに教育機関が多言語化できるように支援します。

ConveyThis は、高品質な翻訳を提供できる AI 搭載の翻訳エンジンを使用して、Web サイトのコンテンツを検出し、即座に翻訳することから始まります。その後、これらの翻訳を自分で、または同僚と一緒に修正したり、ダッシュボードから直接認定翻訳者からプロの翻訳を購入したりできます。

解釈されたページの表示や hreflang タグの実行などのすべての技術プロセスは自動的に管理されるため、技術的な習熟や外部エンティティに依存することなく、すぐに多言語を使えるようになります。

さらに、自動リダイレクト、メディア翻訳、ConveyThis の用語集などの機能を使用して、多言語 Web サイト プロジェクトを新たなレベルに引き上げることができます。

多言語教育 Web サイトのベスト プラクティス

対象言語

重点を置く言語を選択する際の理想的な出発点は、現在の Web サイト訪問者ベースです。Web サイトがまだ翻訳されていない場合でも、他の国からの訪問者は存在します。これは、この層向けに Web サイトを最適化することでメリットが得られることを明確に示しています。ConveyThis は、この点でお客様をサポートし、より幅広い国際的な視聴者にリーチしやすくします。

このデータを見つけるには、Google アナリティクスで訪問者の場所やブラウザの言語を確認します。また、ConveyThis などの Web サイト翻訳ソリューションを使用している場合は、ダッシュボードでこの情報に簡単にアクセスできます。

ConveyThis で少数派グループと連携し、より公平で多様なデジタル環境を育みます。

もう 1 つの戦略は、組織内で過小評価されている文化をターゲットにして多様性を高めることです。これを達成するには、まず現在の学生組織を調査し、大陸、国、民族間のギャップを認識します。

ConveyThis を使用して Web サイトを翻訳すると、検索結果に表示され、ターゲット ユーザーの母国語でリーチできるため、競合他社よりも優位に立つことができます。これにより、競争上の優位性が得られ、潜在的な学生にローカライズされた登録エクスペリエンスが提供されるため、ターゲット国からの学生を獲得する可能性が高まります。

Web サイトを複数の言語バージョン (イギリス英語、メキシコスペイン語、レバノンアラビア語など) にローカライズして、ターゲティングをさらに強化することができます。たとえば、フランス語は多くの国で話されていますが、Web サイトをベルギーフランス語に翻訳すると、あなたの組織がベルギーからの学生を受け入れていることがわかります。

中国やインドのように多数の言語がある大国の場合、ConveyThis を利用すると、より多くの人々にあなたの機関の情報が届き、代表性を高めることができます。口コミを通じて、あなたの機関は特定の地域ですでに人気があるかもしれません。しかし、ConveyThis を利用すると、ウェブサイトを言語別に翻訳し、特定の地域をターゲットにすることで、さらに一歩先に進むことができます。

多言語SEO

専用のキーワード調査

キーワードはウェブサイトの最も影響力のある要素の 1 つであるため、ConveyThis を使用する際には、さらに考慮する必要があります。ウェブサイトを適切な視聴者と結び付ける効果を考慮すると、キーワードは単なる言葉ではなく、リソースとして考える必要があります。

教育用語に関しては、国によって大幅に異なる可能性があるため、重要な用語の直訳だけでは十分ではない場合があることに注意してください。複数の言語で使用されている同じ用語であっても、教育現場では異なる意味をもつ場合があります。

たとえば、英語の「カレッジ」という言葉は、「高等教育または専門的な職業訓練を提供する教育機関」と定義されています。しかし、同じ単語はフランス語では中学校を意味し、ConveyThis を使用して翻訳すると、トルコ語では私立の教育機関を指します。

最良の結果を得るには、対象国専用のキーワード検索を実行し、ConveyThis を使用してカスタマイズされた多言語 SEO 戦略を計画してください。

言語固有の URL は、ConveyThis を使用して、Web サイトの国際的な SEO の可能性を最大限に高める優れた方法です。

多言語ウェブサイトにとって重要な決定は、ウェブサイトの翻訳バージョンをホストするためのウェブサイト構造を決定することです。好みに応じて、手動翻訳、ConveyThis などのプラグイン、または完全なローカリゼーション ソリューションの 3 つのオプションから選択できます。各アプローチには独自の長所と短所があり、慎重に比較検討する必要があるため、これは複雑で困惑する選択になる可能性があります。最終的には、ウェブサイトのニーズと目標、および予算と利用可能なリソースに基づいて決定する必要があります。

これらのシステムのどちらが優れているかを判断することは不可能です。すべては、組織構造と、ConveyThis を使用して Web サイトで翻訳された資料をどのように配置したいかによって決まるからです。

サブディレクトリとサブドメインに関するガイドを参照して、主な違いを理解し、学校に最適な URL 構造を決定してください。

ConveyThis を使用すると、Web サイト全体で言語の統一性を維持するのが簡単になり、すべてのコンテンツの一貫性を簡単に確保できるようになります。

最適な多言語 SEO 実践の中で、言語の一貫性は特に重要な位置を占めています。 Web 翻訳プロセスでは、ナビゲーション メニュー、フッター、ポップアップ、ユーザー生成コンテンツなどの重要な要素がしばしば見落とされ、多言語コンテンツによって実現できる最大限の可能性が損なわれます。

教育のローカリゼーション

教育用語の変革は、複雑かつ予測不可能なプロセスでした。

前述したように、学術言語はその専門性によって区別され、国や教育構造によって異なります。翻訳が意図したメッセージを正確に反映していることを確認するには、ローカライゼーション、つまり対象読者にとってより共感しやすいようにコンテンツをカスタマイズする実践が不可欠です。

さらに、教育制度間の相違により、特定の概念は直接翻訳できない場合があり、翻訳プロセスがより複雑になる可能性があります。聴衆がメッセージを確実に理解できるようにするには、翻訳された資料を修正するために特別な労力と時間を費やすことが不可欠です。

文化的習慣と伝統の微妙な複雑さ。

ウェブサイトの翻訳に関しては、文化の違いを考慮に入れないと、大きな損害を被る可能性があります。一見無害に見える単語、フレーズ、画像であっても、言語が異なれば大幅に異なる含意を持つ可能性があり、コンテンツが誤解や不快感を与えやすいままになる可能性があります。ただし、これらの要素が正しくローカライズされていれば、実際に翻訳をさらに強化することができます。

さらに、数値、日付、通貨、または書式設定における一見小さな相違が、翻訳のコンテキストを大幅に変更する可能性があります。これらのニュアンスは教育 Web サイトには不可欠であるため、最も基本的な形式であっても徹底的に調査することが重要です。

どのような設計要素を考慮する必要がありますか?

ローカリゼーションに関しては、ユーザー エクスペリエンスを全体的に考慮する必要があります。これは、Web サイト上のコンテンツを翻訳するだけでなく、ナビゲーションもローカライズする必要があることを意味します。ページの向きから e ラーニング機能に至るまで、すべてがユーザーにとって直感的かつ自然になるように設計される必要があります。そうしないと、全体的なエクスペリエンスが損なわれてしまいます。

母国語で Web を操作することで、その国のデジタル行動や習慣についての洞察を得ることができます。人々の典型的な習慣を反映することで、訪問者にとって快適で直感的なユーザー エクスペリエンスを作り出すことができます。

ConveyThis の結論

今日のデジタル時代では、教育へのアクセスはかつてないほど簡単になり、世界中の学習者にリーチできる可能性があります。学生基盤の拡大、提供内容の多様化、包括性の促進を目指す教育機関にとって、Web サイトの翻訳は不可欠なツールです。ConveyThis は、このプロセスを合理化し、教育機関がこれまで以上に簡単に幅広い対象者にリーチできるようにする完璧なソリューションを提供できます。

教育用 Web サイトを多言語化し、世界中の学生を迎えるには、今すぐ無料の ConveyThis トライアルを開始してください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています*