10年以上にわたり、企業が財務目標とブランディング目標を達成できるよう支援しています。 Onumは、価値を重視するSEOエージェンシーです。

連絡先
日本語翻訳サービス

特許出願と言語形式–日本市場

日本市場は、提出物の提出に関してかなりの存在感を示しています。世界規模でアメリカ人と中国人に次ぐ第3位に立って、彼らを注目に値するロールプレーヤーにします。日本の出願当局は、前年中に30万件以上の提出物を処理しましたが、これらの約19%は外国からのものでした。このステータスは、日本の分野に対する特許の正当性を考慮した外国市場に焦点を当てています。また、かなりの価格や言語の壁などが発生することも覚えておいてください。この考え方で、あなたの提出物が定期的であるか、このビジネス分野に新たに紹介された場合、私たちはこの努力を助けることができるいくつかのアイデアについて議論します:

A.言語学–特許フォームへの記入

最初は英語を使用することもできますが、日本では、通知、図表、その他の要件を含むフォームを、開始から14か月以内にその言語で提出する必要があります。特許協力条約の提出期間に関しては、言語の切り替えは3年の要件の少し前に提出する必要があります。提出のための追加の時間は、申請時に延長され、60日間無料で付与される場合があります。

B.誤植

日本の言語的誤りは、トランスクリエーションの誤りとコピーの権利の中で最も重要である点に留意する。この状況につながるのは何ですか?日本語は様々なアルファベットのコンパイルに含まれているので、実際には4つ以上の言語スタイルが関与していることを理解する必要があります。アルファベット順のスタイルで示される標準への提出の重要性は、特に混乱を避けるために理解することができます。したがって、ConveyThis.comなどのサービス プロバイダは、適切なアプリケーションや言語形式で長い道のりを歩むことができます。

C.初期の鳥の価値観

日本の国と社会は、次の前に立ったり申請したりする人の価値を保持し、正当に前に出されます。この値にタイムスタンプが設定されることはありません。したがって、設計に関する議論が言及されていないことを確認してください。これに関与する当事者は、書面による文書化された形式で拘束されます。 (例ごと)

D.設計作業

日本のシステム内に配置されたデザイン作業を確立することは、特に言語の壁に関して、部外者にとって困難な作業になる可能性があります。循環している機械的な多言語の資料があります。この資料は、オンライン記録システムを介して無料で抽出できます。

E.重要な提出物

欧州特許庁に提出された書類は、日本の当局にも提出する必要があります。この背後にある理由は、世界知的所有権機関の記録データセンターが、ある機関から別の機関に情報を移動するサービスを提供しているためです。日本はこのサービスのメンバーです。

F.オンサイト表現の割り当て

日本の利益がなくても、日本の特許庁および当局との契約に権利有する日本の弁護士または他の企業が提出を容易にすることができます。

G.誓約

日本の弁護士やファシリテーターに問題を処理するよう指示することについて、宣誓供述書のプレゼンテーションを行う必要はありません。提出されたデザインに訴訟が発生した場合は、宣誓供述書の草案を作成する必要があります。ただし、宣誓供述書がファシリテーターの法的な任命の詳細に同行する必要はありません。

H.オンライン提出

日本特許庁は、書面または機械的な形式のオンラインを受け入れます。ただし、書面から機械式への移行によりかなりの価格が課される可能性があるため、オンラインで行う方が賢明です。

I.デザインのフォーマット

特許庁は、意匠に関連する情報に非常に柔軟に対応できます。情報は正確である必要があり、デザインは高品質であることが望ましいです。デザインをこれ以上変更できない場合があるため、細部を優先するようにしてください。

J.提出の追加費用

最初の提出には追加費用はかかりませんが、追加の提出があると、管理タイプの義務費用が増大します。この国はコストの面で上位にランクされていますが、管理義務が課される前に提出物の量を撤回することによってこれを抑えることができます。

K.管理期間

管理関連の要件の取り決めは、36か月の期限が切れる前に提出する必要があります。これが発生しない場合、送信はキャンセルされます。

結論

あなたはアドバイスとあなたのアプリケーションを駆動するための優れた実績を持つ専門家が必要です。すべての言語および言語翻訳に関する情報については、リンク先のConveyThis.comにお問い合わせください。

著者

アレックスブラン

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。必須フィールドには * のマークが付いています。