自動翻訳と機械翻訳: ConveyThis からの洞察

自動翻訳 vs
このデモを伝える
このデモを伝える
自動翻訳

ConveyThis が翻訳ソリューションとして言及されるとき、多くの人は、翻訳作業が人間による翻訳で行われているのか、それとも自動翻訳で行われているのかを知りたいと思うでしょう。真実は、ConveyThis では、人間による翻訳と自動翻訳の両方を採用しているということです。自動翻訳が言及されるたびに、多くの人がその有効性を軽視する傾向がありますが、真実は、一部の人が論じているように、自動翻訳は悪い翻訳アプローチではないということです。

多くの誤解されている自動翻訳が、自動翻訳とは何か、そしてなぜそれを過小評価してはならないのかを鮮明に説明するためにこの記事を書くという考えを生み出したという事実。これは多くの人を啓発し、自動翻訳がウェブサイトの翻訳を行うための非常に良い方法であることを明確にするのに役立ちます。

自動翻訳とは何ですか?

まず第一に、自動翻訳という用語は機械翻訳の代わりに使用できると多くの人が考えています。言い換えれば、彼らは機械翻訳が自動翻訳と同じものであると想定しています。グローバリゼーションおよびローカリゼーション機関に従って機械翻訳を定義する場合、機械翻訳とは、ソースコンテンツをターゲットの言語に翻訳できる、完全に自動化されたソフトウェアであると言えます。これは、ある言語から別の言語へのコンテンツの翻訳のために完全に自動化されたソフトウェアは、機械翻訳ソフトウェアと呼ばれることを意味します。 DeepL、Google翻訳、Microsoft翻訳、Yandexなどの翻訳プラットフォームは、機械翻訳を組み込んだプラットフォームの典型的な例です。それが機械翻訳です。自動翻訳はどうですか?

一方、自動翻訳は、機械翻訳を含みますが、機械翻訳に限定されません。たとえば、自動翻訳には、すべてのコンテンツの翻訳、それらのコンテンツの管理、SEO のための Web コンテンツの最適化、コンテンツのローカライズ、そして最後に、Web サイトで利用可能なすべてのコンテンツが公開されていることを確認することが含まれます。この種の 自動翻訳 は、ConveyThis が行うことです。翻訳は、すべてが完全に自動化され、使用者にほとんどまたはまったくストレスを与えずにすぐに使用できるように処理されます。

自動翻訳にはConveyThisを使用します

翻訳ソリューションを選択する際に多くの人が懸念するのは、使用しようとしている翻訳ソリューションがコンテンツ管理システムと互換性があるかどうかわからないことです。しかし、幸いなことに、ConveyThis は、過度に心配することなく、あらゆる CMS で使用できます。それだけでは十分ではないかのように、コンテンツを 90 以上の言語に翻訳できます。ConveyThis の自動翻訳プロセスは、さらに次の見出しで分類できます。

1. 自動コンテンツ検出および翻訳: ConveyThis をダウンロード、インストールし、Web サイトに統合すると、ConveyThis の自動翻訳プロセスにより、Web サイトのコンテンツを遅延なく検出できるようになります。この機能の興味深い点は、特定の部分をそのまま残すのではなく、すべてを自動的に検出することです。検出時に、これらすべてのコンテンツをどの言語でレンダリングするかと、ソース言語を選択する必要があります。これを実行すると、機械翻訳によって自動的に翻訳されたコンテンツが出力されます。これが可能なのは、ConveyThis が利用可能なさまざまな翻訳ソリューションを組み合わせて使用し、最適なものを出力として提供するためです。 DeepL、Google Translate、Microsoft Translate、Yandex のすべてまたはいずれかを組み合わせて使用できます。Web サイトに使用する翻訳ソフトウェアまたはツールは、ソース言語とターゲット言語によって異なります。これらの組み合わせを使用すると、最高の翻訳出力が保証されます。2.

2. 多言語ウェブサイトの自動 SEO: ウェブサイトを翻訳しても、ウェブサイトの言語の 1 つで検索したときに、いつでもウェブサイトがすぐに利用できないのであれば、何の意味もありません。まったく役に立ちません。そのため、翻訳ソリューションとして ConveyThis を使用すると、ウェブサイトのコンテンツがさまざまな言語で自動的にインデックス化され、SEO が行われます。これは、ウェブサイトのコンテンツが自動的に検出され、翻訳された後に自動的に行われます。

多くの人々があなたのウェブサイトを見つけることができるとき、それを検索することは間違いなくあなたのウェブサイト訪問者のトラフィックを増やすでしょう。これの利点は、トラフィックが増えると、製品やサービスの売上の増加が期待できることです。すべてGoogle多言語SEOのためにあなたのウェブサイトを索引付けすることに依存します。

また、これを実行できるようにするには、hreflangタグやメタデータなどのWebサイトの一部を適切に翻訳する必要があることも忘れないでください。これを行うと、あなたのウェブサイトは検索結果で上位にランク付けされるものの中になります。あなたが提供する製品やサービスを探している顧客や潜在的なクライアントは、検索後に最初にリストされた結果の中で正しく利用できるため、あなたのページに簡単にアクセスできます。

3.自動コンテンツ公開: 多言語SEOの多言語ウェブサイトの自動インデックス化後に何が起こるか疑問に思う人もいるかもしれません。まあ、これ以上待つ必要はありません。翻訳されたウェブサイトは、インターネット上で自動的に公開されます。はい、ターゲット言語を使用している訪問者は、心の言語でウェブサイトにアクセスできるようになりました。もう一つの興味深い点は、訪問者がウェブサイトの元の言語から好きな言語に切り替えることができる言語スイッチャーボタンにアクセスできることです。

このボタンをウェブサイトに組み込むのに特別なスキルは必要ありません。ConveyThis が自動的にボタンをウェブサイトに統合します。

機械翻訳が必要な理由

機械翻訳の欠点として多くの点が指摘しているのは、そのような翻訳プロセスの精度レベルです。そのため、人々は翻訳の割り当てにプロの翻訳者を使用することが最善であることをすぐに認める傾向があります。機械翻訳に関しては正確性の懸念がありますが、長年にわたって機械翻訳は進化し、機械学習と呼ばれる方法で改善されています。しかし、機械翻訳を検討する必要がある他の理由は何ですか?以下でそれらを見つけてください。

機械翻訳を検討すべき大きな理由は、機械翻訳が非常に高速であるという事実です。これは、他のものに使用できる時間を節約できることを意味します。翻訳内容の正確性は、翻訳プロセスに関連するソフトウェアツールと同様に、使用される言語に依存する場合があります。どちらにしても機械翻訳の正確さの問題は、救済策なしでは残りません。まず、機械翻訳の助けを借りて内容を翻訳し、その後、翻訳結果の内容を読み、必要に応じて必要な調整を行うために人間の翻訳者を雇うことができます。 大規模な組織のコンテンツを翻訳する場合、機械翻訳は時間の節約になることに同意します。このような巨大なプロジェクトを人間の翻訳者と一緒に処理することは、非常に疲れ、網羅的で、コストがかかる可能性があります。しかし、機械翻訳でそのようなプロジェクトを開始すると、迅速な翻訳プロセスが行われます。

機械翻訳を検討する必要があるもう1つの理由は、多数のコンテンツを翻訳するためにプロの翻訳者を雇うことに伴う莫大なコストです。前述の大企業や組織の例のように、翻訳プロセスを最初から最後まで処理する人間の翻訳者を雇うコストを想像してみてください。機械翻訳を使用して最初に翻訳を処理し、次に専門の翻訳者を雇って必要な調整を行うと、これを回避できます。

機械翻訳から最高のものを作成する

この記事で、機械翻訳と人間による翻訳のバランスを取ろうとしていることにお気づきでしょう。Web サイトを機械翻訳で翻訳するのは非常に良いことですが、専門家を雇うか自分で翻訳して、翻訳された内容の品質を確認することを強くお勧めします。プロの翻訳者を見つけるのが難しい場合があるため、ConveyThis には、共同作業できるプロの翻訳者のプールがあります。

それだけでは十分ではないかのように、ダッシュボードから翻訳プロジェクトの管理をいつでも制御できます。ConveyThis を使用すると、翻訳された Web サイトをいつでも更新できるようになります。

ConveyThis を使用すると、特定の名前や用語が翻訳されないようにするなどのルールを設定できます。ブランド名がその例です。また、言語切り替えボタンを Web サイトの外観に合わせてデザインすることもできます。

この記事の冒頭からここまで、機械翻訳は自動翻訳の一側面であることがわかりました。そして、ConveyThis に関して言えば、自動翻訳は、Web サイトの翻訳、SEO、公開の自動処理に関係しています。これが、ConveyThis が提供するものです。機械翻訳と人による翻訳をうまくバランスさせた翻訳ソリューション、ConveyThis を使って、今すぐ Web サイトの翻訳を始めましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています*